宙博2009 ソラハク 2009年12月3日(木)~12月6日(日)


ガリレオの天体観測/近代科学の創始から400 年。いま、先端科学とグリーンITで胎動する環境エネルギー革命

古代の人々は星の動きを見て暦をつくり、農業や漁業を発展させました。400 年前のガリレオ・ガリレイの望遠鏡による天体観測は、天文学を飛躍的に進化させ、ニュートンを経て、近代科学文明の礎を築きました。人類は宙を見あげ、ナゾを解明することで、時代の扉を開いてきたのです。いま、宇宙科学は宇宙工学へと発展することで、スペースシャトルの次を担うロケットや宇宙ステーション、宇宙太陽光発電などを生みだそうとしています。また、温暖化が進む地上では、宇宙科学が解明した太陽エネルギーを効率よく使う技術と電気自動車によるクリーンエネルギーの普及・促進に期待が寄せられています。「宙博2009」では、このような観点から、環境エネルギー分野にフォーカスしたセミナープログラム「Green by IT & Science フォーラム」を特別企画として実施します。ぜひとも、ふるってご参加ください。

レクチャーフィールド

レクチャーフィールドは、最先端で活躍される方々の話を聞き、考え、ともに語りあう場所です。天文学、物理学、宇宙開発、環境エネルギー等をテーマにした、セミナーやディスカッション、トークショーなどを開催します。

ビジネスデイ3日(木)、4日(金) Green by IT & Science フォーラム ~未来の社会を切り拓く環境エネルギー。そしてその根幹にある天文学~

宇宙からの地球観測や天気予報、宇宙太陽光発電など、最先端の宇宙研究は環境エネルギー分野の発展に大きく寄与しています。各分野で活躍中の方々をお招きし、トップレベルのセミナーやディスカッションをお届けします。

12/3 Thu

10:10

10:30
オープニングセッション
講演内容
  • 小沢 鋭仁 写真【左】
  • 環境大臣
  • 坂田 東一 写真【右】
  • 文部科学省 事務次官
  • 小沢 鋭仁
  • 坂田 東一
10:30

11:15
【基調講演】
日本の宇宙開発の展望
立川 敬二
立川 敬二
独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 理事長
プロフィール

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

13:00

13:30
リレーセッション1:
宙から見た地球と課題
(最新天文学の動向と天文学的観点からみた地球環境)
観山 正見
観山 正見
自然科学研究機構国立天文台台長 理学博士
プロフィール
1951年広島県東広島市生まれ。
京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了後、同大助手、
国立天文台助教授、教授、副台長を経て2006年から現職。
専門は理論天文学。
著書に「太陽系外の惑星に生命を探せ」(光文社新書2002)、共著に「シミュレーション物理学」(朝倉書店1992)などがある。
13:45

14:15
リレーセッション2:
宙から見た地球と課題
(太陽活動、宇宙天気予報などの観点から)
柴田 一成
柴田 一成
京都大学大学院理学研究科 附属天文台 教授、台長 兼任
京都大学宇宙総合学研究ユニット ユニット長
プロフィール

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

14:30

15:00
リレーセッション3:
宙から見た地球と課題
島田 政信
島田 政信
宇宙航空研究開発機構 宇宙利用ミッション本部地球観測研究センター/研究領域リーダ
プロフィール

学歴
昭和48年4月京都大学工学部航空工学科入学
昭和52年3月京都大学工学部航空工学科卒業
昭和54年3月京都大学工学部航空工学科修士卒業
平成11年3月東京大学工学博士号取得

略歴
昭和54年4月 宇宙航空研究開発機構 入社
筑波宇宙センターで宇宙用マイクロ波散乱計の開発(〜1985),地球観測センターでSPOT, JERS-1地上システムの整備(〜1990)、SAR,OCTSの校正検証(〜1997),地球観測データ解析研究センタで引き続きALOS CAL/VALの推進(1995以降),宇宙航空研究開発機構に統合以降、ALOS PALSARを中心とした校正検証、森林環境観測、地殻変動の抽出を実施する。その間、1990〜1991、NASAジェット推進研究所留学、ALOSデータの解析研究を進める。

[専門分野]
マイクロ波リモートセンシング、合成開口レーダ処理、干渉SAR

15:15

16:00
クロストークセッション
宙から見た地球と課題
講演内容
  • 観山 正見 写真【左】
  • 自然科学研究機構国立天文台台長 理学博士
  • 柴田 一成 写真【中】
  • 京都大学大学院理学研究科 附属天文台教授、台長
    兼 京都大学宇宙総合学研究ユニット ユニット長
  • 島田 政信 写真【右】
  • 宇宙航空研究開発機構 宇宙利用ミッション本部地球観測研究センター/研究領域リーダ
  • 観山 正見
  • 柴田 一成
  • 島田 政信
藤原 洋
藤原 洋
(株)ナノオプトニクス・エナジー、(株)ナノオプト・メディア代表取締役社長
プロフィール

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

16:15

16:45
石油経済から太陽経済へ
山﨑 養世
山﨑 養世
一般社団法人 太陽経済の会 代表理事
プロフィール

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

17:00

17:45
天文学と新エネルギー技術の融合『SolarTAOプロジェクトの挑戦』世界初、太陽光発電と超伝導送電
吉井 讓
吉井 讓
東京大学大学院理学系研究科 教授
プロフィール
1951年新潟県生まれ。
東京大学大学院理学系研究科教授。天文学教育研究センター長。
75年京都大学理学部卒業。
80年東北大学大学院理学研究科博士課程(天文学専攻)修了。
理学博士。
オーストラリア国立大学高等研究所、英国ダーラム大学、ニールス・ボーア研究所、ヨーロッパ南天文台などの客員教授 を歴任。
研究テーマは観測宇宙論、銀河形成・進化・構造に関する理論。
著書に『東京大学マグナム望遠鏡物語』(東京大学出版会)など。

このページの先頭に戻る▲

12/4 Fri

10:15

11:00
特別ゲストセッション:
若田光一宇宙飛行士とスペースシャトルクルーがやってくる

※ご参加方法については【トピック】ページをご確認ください。

13:30

14:00
未来の新エネルギー:宇宙太陽光発電
狼 嘉彰
狼 嘉彰
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科委員長
プロフィール

経歴
航空宇宙技術研究所,NASAフェロー,東京工業大学教授,慶應義塾大学教授,宇宙開発事業団技術研究本部研究総監を経て現職

専門分野
複雑システムのダイナミクスと制御,戦略的システムエンジニアリング所属学会日本機械学会,日本航空宇宙学会,IEEE, AIAA,INCOSE

著書
「宇宙ステーション入門」(東大出版),「宇宙ステーションと支援技術」(コロナ社),「宇宙機器・システム」(編者,日本機械学会)等

14:15

14:45
明日の地球環境を考えたNTTファシリティーズの取り組み~天文科学施設への展開~
加藤 忠
加藤 忠
(株)NTTファシリティーズ
天文通信エンジニアリング室長
プロフィール

1965年生まれ、栃木県出身
1988年 NTT 入社
1999年 NTT東日本
通信設備の保守・建設・開発・人材育成に従事。 2000年の有珠山噴火時は、通信サービスの早期復旧に奮闘した。
2002年 NTTファシリティーズ
天文台・科学館等の建設設計・システム構築・維持管理に従事
設計等に携わった施設は、大阪市立科学館、国立天文台4D実験棟、新・仙台市天文台がある。
また、学生時代から続けている流星・惑星・日食の観測活動やJAXA宇宙教育リーダーとして天体観測ボランティア活動など、天文楽人生を歩んでいる。

15:00

15:30
Green by ITにおける、Green 東大工学部プロジェクトの意義
講演内容
  • 江崎 浩 写真【左】
  • 東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授
    ※アムステルダムから中継での出演になります。
  • 藤原 洋 写真【右】
  • (株)ナノオプトニクス・エナジー、(株)ナノオプト・メディア
    代表取締役社長
  • 江崎 浩
  • 藤原 洋
15:40

16:10
"BE GREEN"ソリューション導入によるGreen東大工学部プロジェクト実証実験の成果
荻野 司
荻野 司
(株)ユビテック
代表取締役社長
プロフィール
1961 年大阪府生まれ。1986 年キヤノン(株)入社。中央研究所を経て、ISP 事業開始のため1996 年ファストネット(株)へ出向。
1999 年同社取締役に就任。
2000 年(株)インターネット総合研究所 技術戦略担当執行役員に就任。
2002 年には同社の研究開発担当 取締役に就任し、ユビキタス時代におけるネットワーク、コンピュータとの融合技術を中心とした研究・開発組織、ユビキタス研究所を設立。
2003 年には(株)ユビテック代表取締役に就任。
2005 年6 月には同社の上場を果たす(大証ヘラクレス 証券コード6662)。
同時に、2000 年より3 年間、日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)のIP担当理事を務め、日本におけるインターネットの普及基盤整備に尽力。また、IPv6 普及・高度化推進協議会には設立時より参画。
2007 年2 月まで常務理事を務めIPv6 普及の啓蒙活動に注力した。
また、2005 年からは、ワイヤレスブロードバンド推進協議会の発起人も務め、WiMAX を中心とする次世代インターネット技術の普及や啓蒙活動に注力する一方、現在は、ファシリティ分野におけるIT利活用のための活動として、東京大学工学部におけるグリーンIT工学部プロジェクトに参画。ITを用いた「やりたくなる省エネ」の実現に注力している。
静岡大学 客員教授も務める。
16:20

16:50
環境で未来を拓く鳥取県のチャレンジ
平井 伸治
平井 伸治
鳥取県知事
プロフィール

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

17:00

17:45
電気自動車の未来
清水 浩
清水 浩
慶應義塾大学 環境情報学部教授
株式会社SIM-Drive 代表取締役社長
プロフィール
1947年宮城県生まれ。1975年東北大学工学部博士課程単位取得退学。(博士号:工学博士)
1976年国立環境研究所(旧国立公害研究所)入所。1982年アメリカ・コロラド州立大学留学(14ヶ月)。1987年国立環境研究所地域環境研究グループ総合研究官。1997年退官後、慶應義塾大学環境情報学部教授に就任。2009年8月、慶應義塾大学発のベンチャー企業として株式会社SIM-Driveを設立、代表取締役社長に就任、現在に至る。
主に環境問題の解析と対策技術についての研究(電気自動車開発、エネルギーシステム開発)に従事。以後、30年間で8台の試作車開発に携わる。
2004年からは電気自動車の市販に向けた研究を行う「Eliica」プロジェクトに技術統括リーダーとして参加。2009年からは神奈川県と共同で電気バスの開発も手掛ける。
著書に「温暖化防止のために 一科学者からアル・ゴア氏への提言」(ランダムハウス講談社,2007)、「脱『ひとり勝ち』文明論」(ミシマ社,2009)など。

このページの先頭に戻る▲

環境エネルギーフィールド

CO2の増加による地球温暖化や、異常気象、海面上昇など、地球環境の急変は人類にとって待ったなしの問題です。環境エネルギーフィールドでは、太陽光発電や高性能の電気自動車など、人類の未来を拓くクリーンな産業技術をご紹介します。

  • 宇宙からエネルギー・環境問題を解決する!【宇宙太陽光利用システム】

    [夜中でも、なぜ太陽光が利用できるのか?]

    宇宙太陽光利用システム(SSPS)とは、高度約36,000kmの軌道にある静止衛星で集めた太陽光を、マイクロ波やレーザーに変換して地上に送る発電システム。JAXA、大学機関、民間企業などが総力をあげ2030年頃の実現をめざして研究開発を進めるこの最先端システムをご紹介します。

    協力=独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)/財団法人 無人宇宙実験システム研究開発機構(USEF)/独立行政法人 情報通信研究機構(NICT)/京都大学生存圏研究所

  • 【「太陽光で生活する」夢の第一歩SolarTAOプロジェクト】

    [太陽光発電と宇宙観測って関係あるの?]

    SolarTAOプロジェクトとは、南米チリのアタカマ砂漠に位置する標高5600mの高山に、大口径赤外線望遠鏡を設置し、その望遠鏡を太陽光発電にて運用するという先進プロジェクト。現地ドキュメンタリー映像、太陽光パネルや超伝導ケーブルの実物展示、ミニ講演などを通してプロジェクトをご紹介。世界初のコミュニケーション・ロボット《wakamaru》にも会える!

    協力=東京大学 SolarTAOプロジェクト推進グループ/コニカミノルタプラネタリウム株式会社/住友商事株式会社/住友電気工業株式会社/三菱重工業株式会社、他

  • IT でオフィスビルや店舗、学校などをGreen 化する 【ユビテック《BE GREEN》】

    [ITで省エネって、どういうこと?]

    「人を感じて動く、人に合わせて動く」ユビキタス技術を駆使することで「自然にできてしまう、やりたくなる省エネ」を実現する新環境ソリューション《BE GREEN》をご紹介します。インターネットと設備制御の統合ゲートウェイ《CFMS by BX-Office》による、オフィス向け省エネ実現デモンストレーションで《BE GREEN》を体感してください。

    特別協賛=株式会社ユビテック

  • ガリバーの取り組みはお客様とともに 【ガリバー次世代中古車プロジェクト】

    ハイブリッドカーをはじめ高い環境性能を誇る中古車が増加する中、電気自動車のイメージを覆す中古電気自動車のテスラ・ロードスターが日本初上陸。

    協力=株式会社ガリバーインターナショナル

  • 21 世紀の交通をデザインする電気自動車 【SIM-Drive】

    [人はいつまでガソリンに頼るのか?]

    地球温暖化対策のため、CO2削減が世界的な課題になっている現代、電気自動車は地球の希望です。8つの車輪に組み込まれたインホイールモーターにより最高速度370km/hを実現した電気自動車《Eliica》の実車を展示いたします。

    協力=株式会社SIM-Drive/慶應義塾大学

このページの先頭に戻る▲