宙博2009 ソラハク 2009年12月3日(木)~12月6日(日)


みどころ

環境エネルギーフィールド

CO2の増加による地球温暖化や、異常気象、海面上昇など、地球環境の急変は人類にとって待ったなしの問題です。環境エネルギーフィールドでは、太陽光発電や高性能の電気自動車など、人類の未来を拓くクリーンな産業技術をご紹介します。

  • 宇宙からエネルギー・環境問題を解決する!宇宙太陽光利用システム

    [夜中でも、なぜ太陽光が利用できるのか?]

    宇宙太陽光利用システム(SSPS)とは、高度約36,000kmの軌道にある静止衛星で集めた太陽光を、マイクロ波やレーザーに変換して地上に送る発電システム。JAXA、大学機関、民間企業などが総力をあげ2030年頃の実現をめざして研究開発を進めるこの最先端システムをご紹介します。

    協力=独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)/財団法人 無人宇宙実験システム研究開発機構(USEF)/独立行政法人 情報通信研究機構(NICT)/京都大学生存圏研究所

  • 「太陽光で生活する」夢の第一歩SolarTAOプロジェクト

    [太陽光発電と宇宙観測って関係あるの?]

    SolarTAOプロジェクトとは、南米チリのアタカマ砂漠に位置する標高5600mの高山に、大口径赤外線望遠鏡を設置し、その望遠鏡を太陽光発電にて運用するという先進プロジェクト。現地ドキュメンタリー映像、太陽光パネルや超伝導ケーブルの実物展示、ミニ講演などを通してプロジェクトをご紹介。世界初のコミュニケーション・ロボット《wakamaru》にも会える!

    協力=東京大学 SolarTAOプロジェクト推進グループ/コニカミノルタプラネタリウム株式会社/住友商事株式会社/住友電気工業株式会社/三菱重工業株式会社、他

  • IT でオフィスビルや店舗、学校などをGreen 化するユビテック《BE GREEN》

    [ITで省エネって、どういうこと?]

    「人を感じて動く、人に合わせて動く」ユビキタス技術を駆使することで「自然にできてしまう、やりたくなる省エネ」を実現する新環境ソリューション《BE GREEN》をご紹介します。インターネットと設備制御の統合ゲートウェイ《CFMS by BX-Office》による、オフィス向け省エネ実現デモンストレーションで《BE GREEN》を体感してください。

    特別協賛=株式会社ユビテック

  • ガリバーの取り組みはお客様とともにガリバー次世代中古車プロジェクト

    ハイブリッドカーをはじめ高い環境性能を誇る中古車が増加する中、電気自動車のイメージを覆す中古電気自動車のテスラ・ロードスターが日本初上陸。

    協力=株式会社ガリバーインターナショナル

  • 21 世紀の交通をデザインする電気自動車SIM-Drive

    [人はいつまでガソリンに頼るのか?]

    地球温暖化対策のため、CO2削減が世界的な課題になっている現代、電気自動車は地球の希望です。8つの車輪に組み込まれたインホイールモーターにより最高速度370km/hを実現した電気自動車《Eliica》の実車を展示いたします。

    協力=株式会社SIM-Drive/慶應義塾大学

このページの先頭に戻る▲

その他の見どころ

  • 宇宙・天文フィールド
  • レクチャーフィールド
  • ワークショップ